最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏のお別れ

タイトルを最初「春の~」としていましたが、暦の上では夏ということで
かえました。6日は立夏だったんですね。


IMGP4938_convert_20110509155231.jpg

この週末は夫の祖母の通夜・告別式でした。
96歳。今月末がお誕生日なのでもうすぐ97歳になる
ところでした。
これだけの長寿ですから、見送る家族・親戚も
「よくがんばったねえ」「ごくろうさんだったねえ」と
ねぎらい、「笑顔がいっぱい・涙はちょっぴり」の
あたたかい集まりとなりました。


結婚して高崎に移り住んで間もない頃、足の悪い祖母を
車に乗せて、スーパーや病院や郵便局に行くのが楽しかった。
高崎で最初にできた友達はおばあちゃんで、それからずっと
本当の孫のようにかわいがってくれました。



海を進んでいく船をじっと見つめていたら、
水平線の向こう側に消えてしまった。
私のそばにいた人が、「いなくなった」と言う。
どこに行ってしまったのだろう?
船は私の視界から消えただけで、今も私が見たときと
同じ大きさのまま存在している。
船がだんだん小さくなり、やがて姿を消したのは、
私の視野の中だけのこと。
隣の人が「いなくなった」と言ったときも、
向こう側にいる人たちは船が現れたのを見て、
「ほら、やって来るよ!」と
喜びの声をあげていたに違いない。
死とは、そういうこと。
                 ブレント司教




向う側の世界でもきっと、先に到着していたたくさんの
大切な人たちに「よくがんばったねえ」「ごくろうさん
だったねえ」と暖かく迎えられている気がしています。

おばあちゃん、ありがとう。ゆっくり休んでね。
また会いましょう。


※引用した文章はベニシア・スタンリー・スミスさんが
 以前HPで紹介していたものです。




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

今月のお知らせはこちらです→


http://bachflower-remedy.jp
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フラワーエッセンス
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。