最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物観察 :チコリー

家から駅に向かう途中、横道の角に小さな花壇がありまして。
そこを通り過ぎるたび、薄紫の小さな花が目に入っていて
「この花なんだろう?帰りに見てみよう~」
と思っていながら忘れること数回。
やっと観察できました。

200907031234000.jpg

なんとなくチコリーに似てるなあと思って近寄っていったら
株のそばに律儀にラベルがつけてあって「レッドチコリー」と
書いてありました。

あとで調べたらレメディに使われるチコリーと学名は同じ
Cichorium intybus
園芸種ではあるけど、ほぼ同じものと考えてよさそうです。

200907031235000.jpg

まさかこんな近所に普通に植わってるなんて~。
花の大きさは3cmくらい、花びらがぎざぎざしていてかわいいです。

200907031235001.jpg

見にくいですが全体像はこんな感じ。下のほうに丸い葉があって、
茎が上に1mくらい伸びて、花がたくさんついています。
(倒れないようにひもで束ねてあります)

チコリーの指標は愛されたい欲求が強いとか、愛する人に干渉・束縛
しすぎる、わがまま、などです。


こう書くと「え~けっこう嫌な人じゃん~」と思うかもしれませんが、
チコリーのタイプの人はもともと愛情をたっぷり持っている人で、
気持ちのバランスがくずれたときにその愛情の使われ方、表現のされ方が
過剰になったり、過激になったりしてしまうのです。

ペットでも飼い主に対する愛情が強すぎて分離不安を持ったり、
飼い主の注意をひきたくて問題行動を起こすということが
多くあり、チコリーが登場するケースは多いです。


周りの人に無条件の愛を注ぐことも、自分中心の愛情を人に押し付ける
ことも、まったくかけ離れた行動ではなくて、同じ線上にあるのですね。
ですから、気持ちのバランスを整えれば、マイナスのほうに振れていた針を
プラスのほうへ戻し、豊かな愛情を相手のために上手に使うことが
できるようになります。

これは別の日の夕方に撮った写真。

200907111654000.jpg

花は夕方までにはしぼんで、色も褪せてしまうようです。
どうりで帰り道には目に入ってこなかったわけだ。

堂々とした葉や茎に比べて、花はとても儚い感じ。
でも茎にはたくさんのつぼみと、これまでに咲いた花のたくさんの
名残がありました。
全体像はもしゃもしゃしてあんまりかわいくないですが、
この暑いのに毎日新しい花を次々に咲かせているのが
けなげだなあと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。