最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年のふりかえり【展覧会編】

201104261215000_convert_20111228233518-2.jpg
庭園美術館にて


なんとなく恒例化しようとしているこの企画。
(去年のはこちら
ほとんど自分用のメモですが、ご興味のある方は
おつき合いください。


今年は震災のための延期や中止、お気に入りの美術館の
相次ぐ休館(庭園美術館、Bunkamura、世田谷美術館など)
などありましたが、それでもぐるっとパスも春と秋に2冊使い、
せっせと観たい展覧会にでかけていきました。

私にとっての今年最大の収穫は、学生時代から憧れ続けていた
セガンティーニの回顧展が開かれたこと。
4月に一度中止になってしまいとてもがっかりしましたが、
11月に開催される運びになって、観ることができました。

奇しくも今年、私はセガンティーニが一生を終えたのと
同じ年齢。
人生の時間の長さや濃さなどしみじみと考えさせられて
一段と感慨深いものがありました。

ほかに印象に残った展示は「森と芸術」「歌川国芳」
「グスタボ・イソエ」「ウイリアム・ブレイク(版画)」
「瀬川康男遺作展」など。
前期も後期も観に行った展示もいくつかありました。


【1月】
 ある造形家の足跡:佐藤忠良展  世田谷美術館
 カンディンスキーと青騎士展  三菱一号館
 南桂子生誕100年記念展  ミュゼH

【2月】
 シュルレアリスム展  国立新美術館

【3月】
 藤原新也:死ぬな生きろ  永井画廊

【4月】
 片山健水彩小品展  TOM'S BOX
 江戸の人物画:姿の美、力、奇(前期) 府中市美術館
 森と芸術展  東京都庭園美術館
 岡本太郎展  国立近代美術館
 ドーミエとグランヴィル  三鷹市民ギャラリー  

【5月】
 ちひろと黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』
  / 国際アンデルセン賞受賞画家展   ちひろ美術館
 「コルク人形 ROOMS」片岡まみこ個展  ギャラリーMalle

【6月】
 ラファエル前派からモリスへ 
  /藤田嗣治:人物と動物  目黒区美術館
 司修のえものがたり
  /ジョアン・ミロ『ユビュ王』  群馬県立美術館
 没後150年記念 歌川国芳(前期) 太田記念美術館

【7月】
 パウル・クレー:おわらないアトリエ  国立近代美術館
 没後150年記念 歌川国芳(後期) 太田記念美術館

【8月】
 村上土風作陶展
 片岡まみこ版画展「宇宙のかけら」  プランタン銀座

  IMGP5516-2_convert_20111228233623-2.jpg
   上記の個展で購入した版画「やまねこ座」
  
【9月】
 磯江毅=グスタボ・イソエ  練馬区立美術館
 モーリス・ドニ  損保ジャパン美術館
 生誕100年 南桂子展(前期) 吉祥寺美術館
 フレデリック・バック展  東京都現代美術館
 世紀末、美のかたち  府中市美術館

【10月】
 井上洋介:梟少女  TOM'S BOX
 生誕100年 南桂子展(後期)  吉祥寺美術館
 モダン・アート, アメリカン  国立新美術館
 瀬川康男遺作展/ちひろのあかちゃん  ちひろ美術館

【11月】
 藤原新也の現在:書行無常展  アーツ千代田3331
 アルプスの画家セガンティーニ  損保ジャパン

【12月】
 ウイリアム・ブレイク版画展  西洋美術館(常設展)
 小山田二郎展  府中市美術館
 アルプスの画家セガンティーニ  損保ジャパン(2回目)

来年も大好きな庭園美術館は改装のため閉館だけど、
ずっと改修工事していた東京都美術館がリニューアルオープン
するので楽しみです。

あと来年は大原美術館とか大塚国際美術館とか、地方の
美術館にも足を運んでみたいなあと思っています。

いい展示がたくさん観られて幸せでした。



HP:http://bachflower-remedy.jp
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心と体にいいことはじめよう!
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。