最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月読んだ雑誌と本

201201192219000_convert_20120119235616-2.jpg


ふだん雑誌はTHE BIG ISSUEしか読んでいないのですが、
電車の乗換えの合間にエキナカの書店で偶然見つけた
「セラピスト」がフラワーエッセンス特集だったので
初めて購入してみました。

特集ではバッチフラワーのほかにもさまざまなレメディや
ボディケアと併せた活用法などが紹介されていました。
特集以外の各種セラピーの紹介、サロン開業や集客のコツ
みたいな記事など「ふむふむ」と読みふけってしまいました。

あととても参考になったのが掲載されているセラピストさん
たちのお写真。
みなさんとても素敵に写っていて、「こういうポーズも
あるのね~」と感心しきりでした。
いつかプロフ写真をとるときの参考にしよう(笑)


もう一つの本は図書館のハーブの棚でみつけた『西洋中世
ハーブ事典』。
わざわざ「中世のハーブ」って変わってるなと思い、思わず
手に取ったのですが、なかなか面白かったです。

中世における使用法のなかには根拠のないものや、現代から
見れば迷信では?と思うものもたくさんあって、でもそれが
そのまま載っているのが楽しい。
前書きにもこう書いてありました。


(前略)
サザンウッドで「薄くなった頭髪がもとに戻ら」なかった
としても、バーベインが「食卓をかこむ人びとを陽気にさせ」
なくても、中世の著作者に代わって、ご寛恕を請う次第である。
ある本草家が自書のなかで述べている「見解や考察」について、
こう記している。「その大半は真実であると確信しているが、
たとえ真実でなくても、面白いことにかわりはない」。


その通り! とても楽しませてもらいました。

ちなみに引用部分にもありますが、この本にはバーベイン
アグリモニーの用法も載っていました。
バッチフラワーの指標と同じではありませんでしたが、
どちらも中世から人びとに愛された植物だったことが
うかがえて、うれしい驚きでした。


今月のコンサルDayはいよいよ今週日曜日です。
引き続きご予約を受け付けています。
くわしくはこちらの記事をご覧ください→
今月も九星気学、枇杷の葉温灸などを受けていただけます。
(アニマルコミュニケーションは満席となりました)



HP:http://bachflower-remedy.jp


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フラワーエッセンス
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。