最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目の採蜜

201206181144001_convert_20120618160549.jpg
菩提樹の花(と、ハチ。ブレちゃった)


今日は2回目の採蜜お手伝いでした(1回目はこちら→
今回も70年もミツバチを飼っているベテランのTさんご兄弟に
ミツバチのこと、ハチミツのこと、かつて花を求めて
トラックに巣箱を積んで旅をしていた頃のことなど、
たくさんお話をうかがって、楽しいひとときでした。


今日とくに印象深かったのは、ミツバチの好む花のお話。
ミツバチはバラなど、Tさん曰く「きれいな花」には
あまり行かず、小さい花が好きなんだそうです。

というのは、ミツバチの口吻は短いため、大きな花だと
口吻が届かなくて蜜が吸えないからだとか。
バラでも野生種に近いものならば、蜜を吸いに行くけれど、
大きくて立派になるよう改良を重ねたような園芸種には
寄りつかないというお話でした。

鑑賞用に改良を重ねて作られた花は、人の好む形に姿を
変えられてしまって、ハチに蜜を提供するかわりに
受粉を助けてもらうような、お互いに助け合う
自然な営みからは外れてしまっているんですね。
少しさみしいような、かわいそうなような気がしました。


もう一つ、こちらは楽しみな話ですが、これから
夏に向かっては花がどんどん減っていって、
蜜も集まりにくくなるのですが、そんなときの
貴重な蜜源になるのが、ヤブガラシなんだそうです。

ヤブガラシは繁殖力が強くて、公園や庭では嫌われる
雑草ですが、やはり小さな花をつけ、そこから
採れる蜜は黒っぽい色をしていておいしいそうです。
食べてみた〜い!


蜜源になる草木のお話を聞きながら、そういえば
バッチフラワーの花も小さい花が多いなあと
思い出していました。
レメディの元になる草花もミツバチが蜜を集め、
蜜をあげるかわりに受粉してもらったり
しているのでしょう。

野生の植物の力強さは、植物そのものの力だけではなくて
ほかの生物と協力しあって、ひとつの大きな全体を
形作っているからかもしれないなぁと、ちょっと
大きなことも思ったりしたのでした(*^_^*)


今月のコンサルテーションDayも
無事に終了いたしました。
お運びくださったみなさま、ありがとうございました。
7〜9月の日程も決定しました。
近々【お知らせ】をアップします。

出張コンサルテーションはいつでも受け付けております。



HP:http://bachflower-remedy.jp





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心と体にいいことはじめよう!
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。