最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン=ジョーンズ展でみつけた花

先週開幕したばかりのバーン=ジョーンズ展を観てきました。

開幕直後の平日ということもあって、まだ空いていて
絵の隅々まで気がすむまで眺められ、まわりの人の
靴音に悩まされることもなく堪能できました。
(三菱一号館は靴音が響く困った建物なのです)

素晴らしい作品の中で、2つ「もしや?」と
思う作品がありました。

1つは「眠り姫」(連作「いばら姫」)。
今回のメインの作品。

img_01_big_convert_20120627175525.jpg
魔法によって眠りについたお姫さまと
侍女たちを取り囲むいばらの花が
バッチフラワーの花のひとつ、
ワイルドローズに似てるな〜と思ったのです。

帰宅後調べてみたところ、この連作のタイトルは
"Briar Rose"といって、ワイルドローズと並んで
ヨーロッパにいくつもあるバラの原種の一つ
の名前でした。
つまり近縁種。といっていいのかな??

見た感じが似ていたのでちょっと「わ〜い!」と
なったのでした。

320px-Wild_rose_flower.jpg
ワイルドローズ(wikimedia commonsより)


そしてもう1つ。
「東方三博士の礼拝」のタペストリーです。

201206262258000_convert_20120627174709.jpg

真ん中の天使の足元の花がスターオブベツレヘム
そっくり。
ベツレヘムの星といえば、イエス・キリストの誕生を
知らせて三博士をベツレヘムに導いた星ですから、
描かれていて当然です。
絵のクレジットをよくよく観れば、元のタイトルも
The Star of Bethlehemとなっていました。

このタペストリーには他にもたくさんの花が
描かれているので、もしかしたらほかにもバッチの
花があるのかもしれません。
(そこまで見分けられる能力がなく残念 >_< )

でも絵画作品の中にバッチの花が描かれているのを
見つけられて、しかもそれが意味を持って描かれていて
感激でした。


荒い画像なので、はっきりとお伝えできなくて
残念ですが、実物をご覧になりたい方はぜひ
三菱一号館に足を運んでみてください。

あ、靴音が響く建物なので、なるべくコツコツ
いわない靴でお出かけくださいね。



バッチフラワーのセッションは毎月開催の
コンサルテーションDay、もしくは出張(随時)にて
受けていただけます。
お気軽にお問い合わせください。



HP:http://bachflower-remedy.jp

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フラワーエッセンス
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。