最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のふりかえり【展覧会編】

DSC01368_convert_20121227010402.jpg


年末のお楽しみ、1年のふりかえり【展覧会編】です。
 2011年→、2010年→

2010年27回、2011年33回ときて、今年は40回でした。
全体的に楽しみましたが、大収穫!と感じたものは
去年に比べると少なかったかな。

印象深かった展示は、中村正義、花森安治と『暮しの手帖』、
ドビュッシー 音楽と芸術、象徴派、記憶のドラマ 依田洋一朗展
亀岡亜希子絵本トラクト原画展、モノミナヒカル展あたり。

今年はなぜか版画を観ることが多かったです。
大好きな象徴主義やナビ派の作品も観られてよかったな。
(でもそのためか、マックス・クリンガーの「手袋」は
この2年で3回くらい観ました。笑)

今年は地方の美術館にも足を運んだことがいい思い出です。


【1月】
 スリップウェアと西洋工芸  日本民藝館
 谷川俊太郎と絵本の仲間たち/ちひろの白  ちひろ美術館
 フェアリーテイル  三鷹美術ギャラリー

【2月】
 にゃんとも猫だらけ・第2部  平木浮世絵美術館
 ルドンとその周辺  三菱一号館美術館

【3月】
 中村正義  練馬区立美術館

【4月】
 北海道の川上澄生  鹿沼市立川上澄生美術館
 若山卓個展  高島タカシマヤ
 ジャクソン・ポロック  国立近代美術館
 片山健 夜、鳥、こども、その他  TOM'S BOX

今年の遠出その1は川上澄生美術館。
今年はネットで版画も入手してしまい感無量。
201210051116000-2_convert_20121226135455.jpg

201210051118000-2_convert_20121226135516.jpg
早く額装して飾りたいな。

【5月】
 三都画家くらべ/木版画のたのしみ  府中市美術館
 芸術家の肖像  三鷹美術ギャラリー
 草間彌生 永遠の永遠の永遠  埼玉近代美術館
 バルビエ×ラブルール  練馬区立美術館
 版画の冒険  町田市立国際版画美術館

201205071432000_convert_20121226134027.jpg
ヤヨイちゃん@草間彌生
インスタレーションも良かった。すごく。

【6月】
 イメージの叫びーパワー・オブ・創作木版画  府中市立美術館
 大エルミタージュ美術館展  国立新美術館
 奇想の絵本/ちひろ27歳の旅立ち  ちひろ美術館
 シャガールー愛をめぐる追想  日本橋タカシマヤ
 南桂子 船の旅  ミュゼH
 バーン・ジョーンズ展  三菱一号館美術館

【7月】
 どうぶつの手足  薮内正幸美術館
 花森安治と『暮しの手帖』  世田谷美術館
 バーナード・リーチ展  日本民藝館

敬愛する薮内さんの美術館は山梨県の白州。
今年2つ目の遠出。

【8月】
 国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展  Bunkamura
 村上土風作陶展  大和屋

【9月】
 ジェームズ・アンソール  損保ジャパン東郷青児美術館

【10月】
 ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅  府中市美術館
 ドビュッシー 音楽と芸術/常設展  ブリヂストン美術館
 象徴派  新潟県立近代美術館
 記憶のドラマ 依田洋一朗展  三鷹美術ギャラリー
 リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝  国立新美術館
 メトロポリタン美術館展  東京都美術館

「象徴派」は長岡。出品数も多く、作品も充実していて
新幹線で行った甲斐がありました。

それとあまり期待せずでかけたドビュッシーが収穫でした☆
大好きなナビ派が何枚も出ていたし、隅々まで楽しみました。
ビックリしたのは、学生時代の思い出の1枚、
ポール・セリュジエの「タリスマン」が出ていたこと。
突然の遭遇に思わず「ひゃ〜!」(小声です、もちろん)
本物のタリスマンを観ることができた、記念すべき日でした。

187px-Serusier_-_the_talisman.jpg
タリスマン(wiki commonsより)

【11月】
 気ままにアートめぐり  ブリヂストン美術館
 出久根育の絵本/ちひろスタイル  ちひろ美術館

【12月】
 常設展/マックス・クリンガーの連作版画  西洋美術館
 亀岡亜希子絵本トラクト原画展  ギャラリー古藤
 ベン・シャーン 線の魔術師  埼玉近代美術館
 モノミナヒカル展  多摩美術大学美術館
 松本竣介展  世田谷美術館


来年の目標は岡山の大原美術館に行くことです!
できれば一人旅でじっくり堪能したいなぁと
思っています。


おまけ。
もう1枚、我が家に絵がきました。
201212261313000-2_convert_20121226141340.jpg
藤原新也「抱擁(Hug)」
飾る壁はどうするんでしょうね(汗
いま一生懸命考えているところです。



通常のコンサルテーションは、年明けは8日(火)より営業いたします。

コンサルテーションについて→


HP:http://bachflower-remedy.jp



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。