最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲシュタルトの祈り

201301101102000_convert_20130116153035.jpg


心理学の先生に先日、「今のわかちゃんには
『ゲシュタルトの祈り』がぴったりだね」と言われ、
それから毎日、「ゲシュタルトの祈り」を読んでいます。


      ゲシュタルトの祈り

我は我がことをなさん
汝は汝のことをなせ
我が生くるは汝の期待に添わんがためにあらず
汝もまた我の期待に添わんとて生くるにあらず
汝は汝
我は我なり
されど我らの心たまたまふれあうことあらば
それも越したことなし
もし心通わざればそれもせんかたなし


この文章を読んで、もしかしたらちょっと
冷たい感じを受ける人もいるかもしれません。
私は私、あなたはあなたと言い切って、心が通わなくても
仕方ない、というのがつれない感じがするかも。

でも、誰かの期待にしばられて生きていたり、
人を喜ばすことばかりに目を向けて、自分の気持ちを
ないがしろにすることに慣れてしまっている人、
今そういう状態になってしまっている人には
「へぇ、そんなにドライでいいんだ」と感じるのでは
ないでしょうか。

私もこのところは、家族(猫含む)を幸せにしなくては、
健康でいられるようにしなければ、というプレッシャーが
このところ強くなりすぎていて、何もかも私の責任、
と思うようになっていたようです。
その苦しい状況を変えることができず、がんじがらめ。
「あなたはあなた、でも私は・・・誰だっけ?」な状況(^_^;;
 
もうすっかりくたびれきっていたのですが、
「ゲシュタルトの祈り」を読みはじめたら、
毎日少しずつ心のもやもやが薄くなってきました。

自分と他人の境界線をあいまいになっていたことで、
無用な心配をしたり、イライラしたりしていたのを
手放せてちょっと楽にもなったし^^

境界線を知ること、意識することは、突き放すこととは
まったくちがって、自分のことを大切にもできるし、
相手のことも(相手の思いやスペースを侵害しないことで)
尊重できるんですね。

そう思えたら、自分を大切にする自分と、相手も大切に
している自分を感じられてうれしくなりました。
今は自分のまんなかにしっかり自分を感じられる気がします。
(スピ系などで言うところのセンタリングですね)

これからも自分のためにも、周りの人のためにも、
「ゲシュタルトの祈り」を忘れないでいようと思っています。


ところで「ゲシュタルトの祈り」の日本語訳は、現代語に
訳されたものなど、さまざまなバージョンがあります。
私にはこの、ちょっとかしこまった感じがしっくりきて
いるのですが、自分にあったバージョンを探してみるのも
いいかもと思います。
あと、読むときは口に出して読むとなんだかいいですよ♪


バッチフラワーレメディ・コンサルテーション→

埼玉でのコンサルテーションDay(毎月1回開催)、
今月はあさって19日(土)です。ただいま、ご予約受付中!→


HP:http://bachflower-remedy.jp



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フラワーエッセンス
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。