最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年のふりかえり【展覧会編】

DSC02409-2.jpg

年末のお楽しみ(ほぼ自己満足)、1年のふりかえり
【展覧会編】です。
これまでのふりかえり:2012→、2011→、2010→

2010年27回、2011年33回、2012年40回。
(回、で数えているのは同じ展示の前/後期に行くことが
あるからです。今年はなかったけど)
そして2013年はなんと54回。ガツガツ行きました〜。

今年は印象深い展示がたくさんありました。
行った順だと、フランシス・ベーコン、マリオ・ジャコメッリ、
貴婦人と一角獣、エミール・クラウス、若冲が来てくれました、
素朴派とアウトサイダーズの世界、カイユボット。

では内訳を。

【1月】
 もっと北の国から~北方アジア探検史  東洋文庫
 西部劇の世界 ポスターでみる映画史  近代美術館フィルムセンター
 山口マオ小品展  TOM'S BOX
 エル・グレコ  東京都美術館

【2月】
 齋藤惇夫作品挿絵原画展  教文館
 エドワード・スタイケン写真展  世田谷美術館

齋藤惇夫さんは講演と併せて。
「創作の道のりは故郷へ帰る旅だった」との言葉が印象的。
原画はもちろん薮内さん。

【3月】
 及川賢治  TOM'S BOX
 ラファエロ  国立西洋美術館
 フランシス・ベーコン  国立近代美術館
 藤原新也写真展「夢つづれ」  代々木VILLAGE
 家の神さま仏さま  府中の森博物館

フランシス・ベーコンは衝撃的な体験。
理解したり解釈したり、鑑賞者が絵に近づくことを拒否される
ような感覚に動揺しながらの鑑賞でした^^;

【4月】
 ミュシャ展  森アーツギャラリー
 かわいい江戸絵画  府中市美術館
 華麗なるインド  三鷹市美術ギャラリー
 中村 彝展  新宿歴史博物館

4月はどれもよかったなぁ。府中市美術館はここ数年の
春の展覧会は気合いの入った(日本画の)企画で、
欠かさずに観に行ってます。

【5月】
 佐々木マキ見本帖  吉祥寺美術館
 マリオ・ジャコメッリ写真展  東京都写真美術館
 牧野邦夫―写実の精髄  練馬区立美術館
 クリムト 黄金の騎士をめぐる物語  宇都宮美術館
 手から手へ展/いわさきちひろ展  ちひろ美術館
 オディロン・ルドン―夢の起源―  損保ジャパン美術館

クリムトは今年の遠征第一弾。
行きに新幹線の切符をなくすというウッカリを発動したものの、
大宮駅の親切な駅員さんに助けられ、事なきを得ました。
あのときの駅員さんには今でも感謝してます。ありがとう☆

【6月】
 ファインバーグ・コレクション  江戸東京博物館
 三鷹の家のものがたり  山本有三記念館
 貴婦人と一角獣  国立新美術館
 エミール・クラウス  東京ステーションギャラリー

エミール・クラウスは今年の図録購入1号。
一番好きだと思った作品のグッズ(ハガキ)などが
一切なかったため。

【7月】
 レオ・レオニ 絵本の仕事  Bunkamura
 〈遊ぶ〉シュルレアリスム  損保ジャパン美術館
 荒井良二の小さな展覧会   TOM'S BOX

【8月】
 いたずらぱれたん 絵の国は大さわぎ  府中市美術館
 どいかや『どうぶつと花』   TOM'S BOX
 トーヴェ・ヤンソンと夏の家  A4ギャラリー
 星野俊光写真展 Cats on the shore  コニカミノルタプラザ
 花開く江戸の園芸  江戸東京博物館

【9月】
 コレクション展 色を見る、色を楽しむ。  ブリヂストン美術館
 安野光雅が描いた「御所の花」展  日本橋高島屋
 レオナール・フジタ展  Bunkamura
 若冲が来てくれました  福島県立美術館
 モローとルオー  汐留ミュージアム
 アメリカン・ポップアート展  国立新美術館
 ずっと長さんとともに/ちひろ・絵本づくりの現場  ちひろ美術館
 ウイリアム・モリス 美しい暮らし  府中市美術館
 総合文化展・秋の特別公開  東京国立博物館

9月はやっぱり若冲。
作品がもうほんとに素晴しくて、お客さんもよかった。
年配の方々から幼稚園児(団体さんで来てた)まで、
大変な混雑の中ゆずり合い、和気あいあいと作品を観る
雰囲気がよかった。
プライスさんの気持ちが伝わる展示でした。
ここでも図録購入。

【10月】
 宮芳平展  練馬区立美術館
 終わりから始まるものがたり  日比谷図書文化館
 素朴派とアウトサイダーズの世界  世田谷美術館
 竹内栖鳳展  国立近代美術館
 若手クリスチャンアーティスト展「光と色」  tギャラリー
 カイユボット展  ブリヂストン美術館

素朴派とアウトサイダーズも図録購入(3冊目)
毎年1冊に決めてるのに今年は3冊もなのは、「今年は
絵を買わない」と冬のうちに早々と決めたから( ̄ー ̄)

展示の中で、特別に1室を与えられた久永強という人の
シベリア抑留体験を描いた作品には心を激しく
揺さぶられました。

【11月】
 美を伝えゆく  宮内庁三の丸尚蔵館
 小林敬生 陽はまた昇る  多摩美術大学美術館
 飯野和好展覧会「土手の思索」  TOM'S BOX

【12月】
 ジョセフ・クーデルカ展  国立近代美術館
 長新太九十年代初頭のカラーの仕事展  TOM'S BOX
 さとうえみ展「origin」  トムズボックス+gallery


12月のうちに観たかった展示がまだいくつかあったのですが、
出かけてはみたものの渋滞で断念したときもあったりして、
早めに打ち留めにしました。

今期3冊目のぐるっとパスも使用中なので、年が明けたら
またガツガツ行くつもりです〜☆


・・・

個人コンサルテーション、2014年の年明けは
1月7日(火)より営業します。

個人コンサルテーションはJR吉祥寺駅徒歩3分のサロン、
Rumah BAYUさんを中心に行っています→

来年の星と花とハートのセッションデイは
1月25日(土)からのスタートです。


バッチフラワーレメディ・プラクティショナー
心理カウンセラー
わかやま さやか

HP:http://bachflower-remedy.jp/


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フラワーエッセンス
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。