最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澄生~国芳、版画な一日

201005021504000.jpg

わが家は昨日が連休初日。
この数年は5月の連休は旅行などせず、ぐるっとパスを利用して
都内の美術館や博物館を回るのが恒例となっていますが、昨日は
「川上澄生 木版画の世界」@世田谷美術館と
「歌川国芳 奇と笑いの木版画」@府中市美術館へ。
どちらも素晴らしい展示でした。


川上澄生は実は前期にも行ったので2回目。
前期では憧れの代表作「はつなつの風」の実物をやっと観られて
感激でした。
淡い色合いのなかに、無邪気さやいたずら心、恋心が爽やかに
あふれていて、本当にドキドキするほど素晴らしかった。
ずーっと観ていたかったです。
後期も作品集や他の展示でも未見の作品が観られて満足でした。
思わず図録や一筆戔など買いこんでしまいました。

201005021857000.jpg


歌川国芳のほうは、最初あまり関心がなかったものの、夫が
「浮世絵も観たいな~」と言ったので調べてみたところ、
なんか面白そう♪ということで行ってみました。
(ぐるっとパスで割引になるのも決め手でしたが)

そしたらもうもう楽しくて。
奇怪なもの、奇抜なもの、クスッと笑えるもの、さまざまありました。
それにこの充実した展示の作品全てが、ある一人の蒐集家による
コレクションだというのにもビックリ。
その方の先見の明とか、情熱とか、努力とか、そんなことにも
思いを馳せながら展示を観ました。

でもなかなか混んでいて、疲れた~。
浮世絵はどうしても顔を近づけてじっくり観たくなるし、
そうなると1枚の絵を何人もで囲んでみるということができない
ため、どうしても時間がかかっちゃうんですよね。
よって壁際の展示ケースに沿って人が1列になって牛歩状態。
なかなか大変でした。

しかも会期末だったので、図録は売り切れ、チラシも品切れ、
ハガキも2種類だけで大変残念な状態。
入り口でもらった子ども向けのクイズのシート(下の写真左側)と
出口のところの体験コーナーで作った、シャチハタ5色刷り版画
(右側)がせめてもの救いでした。
版画、楽しかった♪

201005030916000.jpg


どちらも9日までの展示なので、無事に観られてよかったです。


○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○               

5/7(金)薬膳とバッチフラワーのコラボワークショップあります
      →詳細はコチラの記事

5/13(木) バッチフラワーのコンサルテーションDayです。
        セッションのご予約承っています。 →詳細

どちらもヒーリングサロン マリアローズにて。
よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心と体にいいことはじめよう!
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。