最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
応援しているところ
いつでも里親募集中 クリックで救える命がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターを自覚すること

今月は記事の数が初の2ケタ越え。
いや~がんばってます、私(笑)
連休があったり、お知らせがたくさんあったりしたからですが、
今後ももう少しレメディについてなど書いていけたらと
思っています。

ところで。
「バッチフラワーエッセンス事典」という本があります。
けっこう分厚くて(測ったら4cmございました)、お値段も
けっこうするので(4900円+税)、2003年の発行なのに、
しばらく入手していませんでした。
去年やっと手に入れて、この春から少しずつ読んでいるのですが、
これがけっこう面白いんです。

花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典
(2003/03)
ゲッツ ブローメ

商品詳細を見る


ドイツの療法家ゲッツ・ブローメという人の著作ですが、とても
実践的な内容です。

その中から、ちょっと面白い記述があったのでメモしておきます。


そもそも学習という行為は、主観的行為そのものだという
ことができるでしょう。ある大切なことを記憶するという
ことは、自分にとって大切でない他の情報、印象、認識が
精神に流れ込んでくるのを完全にシャットアウトすること
を意味しているからです。こうして他の情報を犠牲にしな
がら、意識は拡大していきます。



確かに…。学習だって、それを取り込むとき自分自身のフィルター
を通してるんだもの、主観的行為なんですよね。
客観的に見ようとしても少なからず自分の視点が入る。
だとしたら、フィルターを通しているということに自覚的で
いなくてはいけないなあと思いました。

そしてバッチのコンサルテーションでも、クライアントさんの
話を聞く時、私のフィルターを通して聞くことになるのは当然の
こと。
だけど(だから)、なるべくゆがみのないフィルターで聞かないと
いけないよね、としみじみ思いました。
そういう意味でも、自分がどんなことに反応するのかを、よく
知っていないと。

自分を知るのって大変だけど、怠れないんだわって思いました。
うーがんばる~(>_<)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フラワーエッセンス
ジャンル:心と身体

Comment

わたしもこの本、好きですー!
図書館で借りて読んで、気になるところはコピーしたりしてたんですが、やっぱ手元に欲しい!
と思っているとことです。。。

バッチセンター推奨ではないですが、良い本ですよね。そうそう!そうなんだよ!と頷く点も多いし、新たな発見もあって・・・。
ちょっと人生達観してる感じがまたgood・・・(笑)
そこに書かれている、たとえば「身体的な症状」とかが載ってるところとか、レメディのコンビネーション(組み合わせ例)などがきっとバッチセンターの引っかかるところなのかもしれないけど、
これだけを辞書として使ってコンサルテーションをするのでなければかなり勉強になる本ですよね♪

Re: タイトルなし

バッチの本、けっこう高いから古本でないかなーって
思ったりするけど、めったに見ないですよね。

身体的な症状、そればかりに目が行っちゃうと問題なんでしょうが、
中には自分の内面に注目するのが難しく、自分の外のことや
身体的なことに終始してしまう人もいるから、そういう人の
困っている部分に気づくためのヒントは幅広いほうが
いいですもんねー。

私もちびちび読んでないで、もっと活用しなくちゃ。

> バッチセンター推奨ではないですが、良い本ですよね。そうそう!そうなんだよ!と頷く点も多いし、新たな発見もあって・・・。
> ちょっと人生達観してる感じがまたgood・・・(笑)
> そこに書かれている、たとえば「身体的な症状」とかが載ってるところとか、レメディのコンビネーション(組み合わせ例)などがきっとバッチセンターの引っかかるところなのかもしれないけど、
> これだけを辞書として使ってコンサルテーションをするのでなければかなり勉強になる本ですよね♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。